This page:パソコン・周辺機器 > パソコンのデータのバックアップとは

パソコンのデータのバックアップとは

パソコンのデータのバックアップをしていなくて、パソコンが壊れたり、誤操作などで大事なデータを失ったことはありませんか。
そんなトラブルが起こってからは手遅れです。
思い出の写真のデータ、仕事のデータなどが二度と戻ってこないこともあるのです。
そこでバックアップを日頃からする必要があるのです。

データのバックアップをする方法ですが、まず記録しておく記憶媒体が必要です。
それはデータの量によりますが、代表的なものには別のパソコン、外付けハードディスク、CD、DVD、MOなどがあります。
これらに単純にデータをコピーをしておくだけでいいのです。
その作業をソフトで管理することもできます。

一般に利用する方が多いバックアップ媒体としてはCD-RとDVD-Rがありますが、CD-Rは650MBと700MB、DVD-Rは4.7GBと保存できる容量が全く違うので、文書ファイルなどはCD-Rで十分でしょうし、動画や画像ファイルなどのサイズの大きいものはDVD-Rにバックアップをするのに適しています。

とても便利なCD-RとDVD-Rですが、どうしても記録面に傷が入ったりするとデータを取り込めなくなったりします。
そうするとバックアップの意味がなくなるので媒体の保存には注意が必要です。
ただ、ほとんどのパソコンで使えるのでバックアップファイルを取り出しやすい利点があります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0