This page:ドリンク・お酒 > 活性水素水とは

活性水素水とは

活性水素水とは、多量の活性水素を含む水のことです。
名水と言われている世界の水の多くは、活性水素を多量に含んでいます。
なかには、「魔法の水」といわれている名水もあります。
名水は、山地などに降った雨が地下にしみ込み、長い年月をかけて地上に湧き出てきます。
そして、長い時間をかけて活性水素とミネラルが融合します。

実は、活性水素水には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルをバランスよく含んでいます。
そのため、生活習慣病の予防としても注目されています。
活性水素は、体にとってよくない活性酸素を、還元によって消滅させます。
人の体の約60%は水でできており、血液の約83%は水分でできています。
よい水を摂ることは、体にいい影響を与えます。

有名な水には活性水素水を含む物が多く、フランスの「ルルドの水」、北パキスタンの「フンザ王国の水」、ドイツの「ノルデナウの水」、そして大分の「日田天領水」などが有名です。
活性水素水は、1日2リットル以上飲むのがいいと言われます。
活性水素水の飲み方は、朝起きた時、朝昼晩の食事の時、運動の後、そして入浴前後に飲むなどの方法があります。

アンチエイジングとしても活性水素水は、注目されています。
活性酸素は、年齢を重ねるとともに体内で増えてきます。
余分な活性酸素は、体の酸化を促進させ老化を進めます。
活性水素水アンチエイジング作用は、この余分な活性酸素を還元することです。
水分を多く含む体にとって、水は生命の源です。
活性水素水は、美味しいだけでなく、安全で健康維持に役立ちます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0