This page:マネー・教育 > 最近注目されている「幼児教育」とは…

最近注目されている「幼児教育」とは…

幼児教育は昨今、ますます盛んになってきていますが、幼稚園での教育という、本来のとらえ方でなく、英語やピアノ・ヴァイオリンなどのおけいこから英語教室や才能開発などの勉強が「幼児教育」とらえられています。

今、このように幼児教育が注目されているわけは、脳の発達についていろいろとわかってきたからです。
生まれたての赤ちゃんはシナプス(脳の伝達細胞)がほとんどなく環境によって脳が刺激されシナプスが増えていくことがわかったからです。

そういうことで、ここ最近はどんどん早期からの幼児教育に取り組む家庭が増えています。
胎教をしてまで外的刺激を赤ちゃんの脳に与え、少しでもシナプス回路を張り巡らせたいという親の願いからなのかもしれません。

しかし、ここで注意しなければいけないのは、『幼児教育=お勉強』ではない。ということです。
早期教育が幼児教育ではないということがポイントになります。
ここを間違えると知識を一方的に与えるだけのことなってしまいます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0